web予約
アクセス

メニュー(一部工事中)

開業予定地

開業時期

日本精神神経学会

カウンター

ブログ

< 前の記事 | 一覧 | 次の記事 >

rTMSデモ

2017-10-19

院長 > 治療について

今日は、経頭蓋磁気刺激:rTMSという磁力を用いたうつ病治療の機械のデモに参加してきました。

先日のブログ、うつ病のrTMS治療について、もご参照ください。ざっくりいうと、脳神経の一部に局所電流を流すことで脳神経の活動性を上げてうつ病がよくなる、という治療です。

てんかんの患者さんや脳血管の奇形があるなどの特殊な場合を除き、重篤な副作用はほとんどない安全な治療だといわれています。

営業さんが、無造作に自分の頭にあててかちかちとボタンを押し、自分の指が動くことを見せたことに驚きました。

自分でもやってみようかなと迷っていると、妻である副院長がいち早く「患者さんにやるんだから私もやってみます」とカチカチ・・。

お、おう、と私も続きました。

頭の表面がぴくぴくと動き、なんとも言えない違和感はしばらく残りますが生活にそう支障があるものでもありません。

まだ保険のきかない自由診療になりますが、副作用がほとんどなくて効果が見込めるのであれば、薬が効きにくい患者さんの選択肢としてはもっておきたいです。

効果はそこまで万能というわけではありませんが。

来年の診療報酬改定にはまだ間に合わなさそうとのことですが、当クリニックでは積極的に採用を検討していきたいと思います。