こころとからだクリニック福井 ブログ

「わかってもらえない」病気をわかろうとすること2

20160723

精神疾患・心療内科疾患のように目に見えない病気の場合、病気の症状は本人にしかわかりません。

最近は医学の進歩で、様々な脳機能画像が発達してきました。部分的な脳血流の低下など、高度な医療技術で客観的にわかるものもあります。しかし、一般の患者さんにはまだまだ縁遠いものです。

交通事故で全身骨折し包帯グルグル巻きになって寝ている人に「立ち上がって歩け」と言う人はいないでしょう。
しかし、うつ病になり、死にたい気持ちで横になっている人に、そうとは知らず「立ち上がって歩け」と言ってしまう人は、いないとは言い切れないのではないでしょうか。

精神疾患は風邪のように短期間でよくなることの方が少なく、治療に時間がかかります。そのため、生活、家族、周囲の人や社会にも大きな影響が及びます。

精神疾患をもつ患者さんの理解されないつらさ、というのは長い時間、様々な人との間で起こりやすくなるのです。

自分が幼少期(割と今もですが)痛みに弱かった、程度のことは患者さんの苦悩を思えば遥かに小さなものです。が、似た経験と言えなくもありません。

まずは自分が患者さんのつらさを理解して、周囲の人にも理解いただけるように、少しでも生きやすくなるよういお手伝いしたいと思ったのでした。

【Next】「わかってもらえない」病気をわかろうとすること3

【Prev】「わかってもらえない」病気をわかろうとすること1

過去の記事

同じカテゴリの記事

【Next】「わかってもらえない」病気をわかろうとすること3

【Prev】「わかってもらえない」病気をわかろうとすること1

【List】「院長>治療について思うこと」の記事一覧

もっと記事を探す

【Check】別のカテゴリの記事

【Check】すべての記事

TOP

病院情報

住所

〒910-0067
福井市新田塚2丁目32番16号

電話番号

0776-21-0556

休診日

水曜・日曜・祝日

診療時間

08:50~12:20
13:50~17:20
15:50~19:20(金)
初診受付は終了60分前まで
再診受付は終了30分前まで

その他

個人情報の取扱について
医療法人概要

診療カレンダー