こころとからだクリニック福井 ブログ

見える病気と見えない病気

20170201

心療内科、精神科の疾患は目に見えにくいことはこれまでお話ししてきました。

ですから、目に見えやすくするための工夫が大事です。また、目に見えるものはしっかりと対応しなければなりません。

頭部CT、頭部MRI、脳波、血液検査、心理検査など、他の人が見ても、客観的に理解できるような検査は、要所要所で行っていく必要があります。

ただ、頭部CTやMRIという、脳の中を画像で詳しく見る検査は開業したばかりのクリニックで保つことは難しいです・・。

ぶっちゃけ、すんごく高価なんです。買うのも、保つのも。

全世界にあるCTの半分は日本にあるらしいですけどね。

当クリニックでは、頭部MRIなどが必要なときには提携病院様にお願いしてスムーズに連携をとっていこうと思っています。

【Next】デイケアにサンドバッグ??

【Prev】五苓散がS先生の頭痛吐き気に奏功した件

過去の記事

同じカテゴリの記事

【Next】うつ病のrTMS治療について

【Prev】習慣について、本のご紹介

【List】「院長>治療について思うこと」の記事一覧

もっと記事を探す

【Check】別のカテゴリの記事

【Check】すべての記事

TOP

病院情報

住所

〒910-0067
福井市新田塚2丁目32番16号

電話番号

0776-21-0556

休診日

水曜・日曜・祝日

診療時間

08:50~12:20
13:50~17:20
15:50~19:20(金)
初診受付は終了60分前まで
再診受付は終了30分前まで

その他

個人情報の取扱について
医療法人概要

診療カレンダー